PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲームのジャンルと世界観について

 日常的
日常的な物をだったたり、
何故か遠出旅行へ行ってたりと、
のんびりし過ぎたジャンルになっている。
世界観は「もっぱら日常的」
(顔だけで3人を判別できた人も居るはずだ。)

気軽だな 
このジャンルは、「暇な時にどうぞ」程度のゲームジャンル
または、弾多いSTGイエー!的なゲームジャンルに成っている。
世界観は「国のとある組織がフリーダム過ぎた感じ」
両側の2人は1作目からの主人公たちですが、勿論廻廊DASHッ!の主人公も主人公です。
(なんと説明すればいいのかよくわからないからNEXT)

ハープさん(仮配色) 
云帝国シリーズ
至って普通のRPGではないRPGを求めて行くようなゲームジャンル。
世界観は「古代もどき」
主人公のテムが描けなかったので代わりにサブ主人公のハープさん(仮配色)に出ていただいた。
(RPGなんて、まともなものは作ったことがないぜ)

彩參の國(諸事情により画像なし)
旧名時代から知ってる人はお馴染みの主人公と新キャラが活躍する。
そんなジャンル。
世界観は「現世と分離された世界の日常」
(現世と分離されたってのは、いつかお話します。)


…と、彩參の國にいたっては、原作崩壊レベルの設定の変わり様ですが、
今はこんな設定で制作していきます。

ですが、先ずは廻廊DASHッ!ですねえ…

スポンサーサイト
[ 2012/11/09 20:55 ] 四堺総合 | TB(0) | CM(1)

現世と分離されたってw
まぁのんびり待つので頑張ってください(^^)
[ 2012/11/09 21:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boureimadoshi.blog.fc2.com/tb.php/27-74ca01e0